鎌ヶ谷市馬込沢の歯医者、みつはし歯科医院の小児歯科のご案内です。

047-439-8241

  • 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大

子供の歯を守る 小児歯科

お子様の歯を守って体の健康も守ります

お子様の成長や健康維持には、乳歯がとても大切な役割を果たしています。食物から栄養を効率的に吸収したり、正しく発音したり、永久歯を正しい位置に誘導したりするためには、乳歯が健康な状態にあることが重要な条件なのです。

しかし乳歯は、永久歯に比べて虫歯の進行が早く、またお子様自身がきちんと健康管理を行うのは簡単なことではありません。お子様のお口の健康を維持していくには保護者の方による管理が必要です。お子様に正しい歯磨きを習慣づけることや、仕上げ磨きをしてあげることがとても重要になるのです。

みつはし歯科医院の小児歯科の特徴

初めて歯医者さんに来られるお子様には、最初に歯科医院の環境や雰囲気に慣れていただくためのトレーニングを行います。当院では、初めて見る診察台や治療器具に対しての不安や恐怖心を取り除いて落ち着いて治療を受けてもらえるようになるまで決して治療は始めませんので、安心してご来院ください。さらに、キッズスペースも設置していますので、治療までの待ち時間も楽しくお過ごしいただけます。お子様の歯についてご不明な点がありましたら、どのようなことでもお気軽に当院までおたずねください。

みつはし歯科医院の小児診療メニュー

歯磨きの指導

毎日の歯磨きはお口の健康維持にはとても重要です。当院では、お子様の歯に合った歯ブラシの選び方から、ご自宅での正しい歯磨き方法までを丁寧に指導します。また保護者の方には歯磨き後のチェック方法や、お子様に合った仕上げ磨きの指導も行っています。

シーラント

奥歯には複雑な形の溝があり、通常の歯磨きだけでは十分にキレイにすることが難しく、この部分は虫歯になりやすい場所です。この溝に歯科用樹脂を詰めて虫歯を予防する方法が「シーラント」です。

フッ素塗布

フッ素は歯質を強くするはたらきがあるため、歯の表面に塗布することで虫歯に対して予防効果を発揮します。また、フッ素には歯を再石灰化させるはたらきもあり、ごく初期の虫歯であればフッ素塗布によって治癒が見られることもあります。

【キッズクラブのご紹介】

キッズクラブのご紹介

当院では、お子様のための虫歯予防システム「キッズクラブ」(対象年齢0~12歳)をご用意しています。お子様が楽しく歯医者さんでの治療を受けられ、また保護者の方もお子様の歯の状態を正しく把握できるようなプログラムです。

「キッズクラブ」では、3ヶ月ごとにお子様の歯の成長を診察し、お一人おひとりに合った虫歯予防処置を行っていきます。このシステムでは当院での予防処置「プロフェッショナルケア」に加え、ご自宅で日常的に行う予防処置「ホームケア」の両方のケアで虫歯への対策を行います。

お子様の歯を守るために、一緒に予防に取り組みましょう。治療の最後には、頑張ったお子様へのプレゼントもご用意しています。

  • ページの先頭に戻る

こんな癖には要注意

頬杖や指しゃぶりなどは、お子様によく見られる癖です。しかし、それを放っておくと不正咬合(ふせいこうごう:乱れた歯並び)を招き、結果としてお口の健康に悪影響を与えてしまうかもしれない危険性を含んでいます。以下に直したほうがよい注意すべきお子様の癖を挙げますので、気になる癖がお子様に見られる場合は、お早めにご相談ください。

頬杖

頬杖

頬杖をつくと顎にかかる力が不均等になり、歯並びや噛み合わせが乱れて顎の発育に悪影響を与える原因になります。

指しゃぶり

指しゃぶり

継続的に指しゃぶりをすると前歯に偏った力が加わってしまい、出っ歯になるなど不正咬合の原因となります。

口呼吸

口呼吸

常に口で呼吸すると、だ液の量が減って虫歯になりやすくなります。また舌の位置が下がるため、歯並びが乱れる原因となるといわれています。

爪を噛む

爪を噛む

爪などの硬いものを噛み続けると、歯や歯ぐきに余分な負担がかかり、噛み合わせや歯並びが乱れやすくなる傾向があります。

唇を噛む

唇を噛む

下唇を噛み続けていると出っ歯に、また上唇を噛み続けていると受け口になりやすくなり、不正咬合の原因となります。

食べものを丸飲みする

食べものを丸飲みする

食べものをよく噛まずに丸飲みしたり、軟らかいものばかりを食べたりしていると、歯や顎関節の正常な発育が妨げられてしまいます。

舌癖(ぜつへき)

舌癖(ぜつへき)

舌を常に歯に押し付けている、普段口をあけたまま舌を出しているといった癖を舌癖といいます。舌癖は、歯並びや発音に悪影響を及ぼすことがあります。

乳歯のうちからの予防矯正も併せて行うことで、より効果的にお口の健康を維持できる可能性もありますので、お子様のお口に関して気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

予防矯正についてはこちらをご覧ください

  • ページの先頭に戻る

妊娠中の歯科治療について

妊娠中は、ホルモンバランスなどが変化するためにだ液の分泌量や免疫力が低下する、「つわり」による吐き気でブラッシングがしづらくなるなどのことから、お口の状態は悪化しやすくなります。当院では、妊娠中の方でも安心して治療を受けていただけるよう、妊婦さんのサポート体制を万全にしておりますので、お気軽にご相談ください。

妊娠中に歯科診療を受けるタイミング

妊娠中に歯科診療を受診される場合、当院では安定期(16週目以降)に入ってからのご来院をお薦めしています。治療の時期や治療内容につきましてご心配なことがあれば、当院のスタッフに何でもお気軽におたずねください。

受診時のお願い
  • 診療内容をきちんと記録しますので、母子手帳は必ずご用意ください。
  • 診療に際しては、当院のスタッフがしっかりサポートしますので、ご不安な点やご心配なことがありましたらどのような細かいことでもおたずねください。
  • 各地域歯科診療の方針に沿った検診を行っております。
治療について

治療について

治療については、患者様の体調やご要望、お口の状態を総合的に判断して、身体的・精神的な負担を最小限にとどめる施術を行います。緊急性の高い症状の場合は、身体へかかる負荷を十分に考慮して外科的処置などを行う場合もあります。

レントゲン撮影や投薬による身体への影響について

レントゲン撮影や投薬による身体への影響について

妊娠中の受診には、ほとんどの方が不安を感じていると思います。レントゲン撮影による検査や、鎮痛剤などのお薬の投与が赤ちゃんによくないのではと心配される方も少なくありません。当院ではレントゲン撮影やお薬の投与は、身体にできるだけ負担をかけないよう細心の注意を払っております。ご心配なことがあれば、どのようなことでもお気軽におたずねください。

妊娠中の歯周病には要注意!

妊娠中の歯周病には要注意!

妊娠中は、口腔内環境が悪化することから歯周病(妊娠性歯周炎)になりやすくなる傾向があります。この歯周病は早産や低体重児出産を引き起こすなど、胎児にも悪影響を与える原因になるとも考えられている怖い病気です。

妊娠中の口腔ケアは通常よりも大切です。毎日の正しいブラッシングを心掛けて、定期検診でしっかりと予防することをお薦めします。